無添加化粧品とは?そのメリット・デメリットを解説!

最近は、化粧品の成分にもこだわる消費者が増えて、肌に優しいとされる「無添加化粧品」が好評です。

では「無添加化粧品」とは、一体どんなものなのでしょう?

これに似たものでは「オーガニック」や「自然派」と表示される化粧品もあります。

「無添加」ってこの2つとはどんな違いがあるのでしょう?

また「どんな無添加化粧品」を選べばいいのか?この記事でご説明していきましょう。

幅広く支持されてる無添加化粧品には実は定義がない!?

定義がない

結論から言うと、無添加化粧品には国で定めた明確な規定はないという事です。

敢えて定義するなら、厚労省が指定した“肌にアレルギーやドラブルなどを起こす可能性の高い102種類の成分”が配合されていない化粧品を、「無添加」と称しています。

より詳しくはこちらの無添加化粧品の危険性をチェックしてくださいね。

無添加化粧品だから安心?危険は無い?メリット、デメリットを解説

無添加化粧品メリット、デメリット

実際に「無添加化粧品」なら絶対安心なのでしょうか?

「無添加」というイメージだけに留まらず、本当の安心感を得るためにも「無添加化粧品」を掘り下げてみましょう。

無添加化粧品のメリット

・肌本来の自然治癒力を妨げない
・肌トラブルが少ない

無添加化粧品は、過剰なスキンケアを抑え、ターンオーバーの周期を整え肌の持つ自然治癒力を高めます。

無添加化粧品はアトピーで悩む方にも使用できるように、考慮された成分配合なので肌へ優しく働きかけます。

無添加化粧品のデメリット

・コスパの問題
・長期保存ができない

天然成分や自然由来の原料を使用するため、比較的お値段が高めです。

防腐剤・安定剤すらも無配合という徹底したメーカーもあるので、保存方法や期間に注意が必要です。

オーガニックコスメの定義、そのメリットとデメリット

オーガニックコスメメリット、デメリット

オーガニックとは有機栽培(=化学肥料不使用、遺伝子操作無し)で作る農法です。

ところが、日本ではオーガニック認定は「食品」のみに行われ、化粧品には枠組みがありません。

ですから、認定基準が明確ではないのが実態です。

メリット

・民間療法に基づいた製造法
・植物の抗酸化作用が特徴

自然の草木やハーブなど、民間療法で使われた方法をベースに製造されるので安心して使用できます。

元々植物は厳しい紫外線や環境に適合する能力が高く、抽出されたエキスが原料となることで、お肌への抗酸化作用が期待できます。

デメリット

・効果を感じるのに時間が必要
・日本にはコスメのオーガニック認証機関がない

通常のケミカル化粧品を長年使用した人は、オーガニック化粧品の使い心地が、物足りなく感じるかもしれません。

先程も説明しましたが、日本にはだ化粧品のオーガニック認証機関がありません。

なので、微量のオーガニック成分を使い、その他殆どが石油由来成分や、化学合成成分でも「オーガニック化粧品」と記載されてしまうリスクもあります。

オーガニックコスメは、無添加化粧品とは異なり、化学的成分をほぼ使用せず、

自然由来の成分を中心に配合された製品の総称です。

「オーガニック(有機栽培法)」と聞くと、いかにも化学成分ゼロ!というイメージがわきますが、全く使用されていないとは限りません。
惑わされないためにも、各製品を手にとってじっくりと成分を確認してみましょう。

自然派化粧品の定義、メリットとデメリットも解説

自然派化粧品メリット、デメリット

その名の通り、自然由来の成分を中心に配合された化粧品を「自然派化粧品」と呼びます。
もしくは「天然成分配合」と表示されることもあります。

自然派化粧品のメリット

・合成界面活性剤を使わない
・肌が強くなる

合成界面活性剤は、一般化粧品の殆どに配合されています。

肌なじみが良く感じるのは、合成界面活性剤が細胞間脂質を溶かして、成分を浸透させているのです!

自然派化粧品には配合されないので、お肌のトラブルが起きにくいとされてます。

化学成分を配合しないことにより、ターンオーバーやホルモンが整い、肌本来の力を養うことができます。

自然派化粧品のデメリット

・オーガニックと間違いやすい
・アレルギー症状もある

自然由来成分とはいえ、栽培法まで特定していません。有機栽培法の原料を使用したオーガニックとは別物です。

通常の食事でもアレルギー症状があるので、自然由来の成分でもアレルギー反応が起こる場合もあります。使用の際にはパッチテストをおすすめします。

無添加化粧品とは違い、自然由来の成分を中心に製造されます。しかしまだその基準が曖昧で、完全に安全な成分のみを配合しているとは限りません。

安易に自然派という名称で、自分に合わない成分が含まれていることも考えられます。

合わせてノンケミカル処方についての知識も得ていただければと思います。

タイトルとURLをコピーしました