日焼け止めで肌が荒れる3つの理由を解説!解決する3つの方法で回避しよう!

日焼け止めで肌が荒れる3つの理由、肌が荒れない日焼け止めの3種類を解説しています。

日焼け止めで肌が荒れる3つの理由を解説!

日焼け止めで肌が荒れる理由は3つあります。

・成分に肌が負けてしまう
・毛穴をつまらせてしまう
・洗い残しが肌に残っている

それぞれ解説していきます。

理由①:成分に肌が負けてしまう

日焼け止めには、紫外線をふせぐ様々な成分が含まれています。

この成分は肌に対して刺激が強すぎることがあり、肌荒れを起こしてしまうのです。

花粉症が辛い時期や、風邪をひいて免疫力が下がっている時、湿度が低く乾燥気味の時期などには肌が負けやすくなります。

そのため、普段は使えていた日焼け止めでも肌荒れを起こしてしまうこともあります。

理由②:毛穴をつまらせてしまう

紫外線を防ぐために塗られた日焼け止めが毛穴につまってしまい、ニキビのようなブツブツができてしまっている状態です。

この状態になると見た目も悪くなり、化粧むらもできやすくなるため迅速なケアが求められます。

理由③:洗い残しが肌に残っている

きちんと落としたつもりでも、毛穴の隙間や洗いにくい部分などに日焼け止めが残っていることがあります。

長時間つけっぱなしになっている日焼け止めは、肌にとって悪影響を及ぼしやすくなってしまいます。

その結果、洗いのこしがあると肌荒れができてしまうのです。

肌荒れする日焼け止めを使い続けるとどうなる?

・肌荒れが常態化してしまう
・皮膚科での治療が必要になってしまうことも…

肌荒れを起こしやすい日焼け止めを使い続けていると、毛穴が常につまりやすくなります。

そして、肌が炎症した状態が日常的なものとなってしまうのです。

最悪の場合病院にいって塗り薬を処方してもらう程ひどくなってしまうこともあります。

自分の肌の状態をきちんと把握して、今使用している日焼け止めと相性が本当にいいのか、しっかりと確認をしましょう。

日焼け止めで肌荒れしないための3つの方法

方法は3つあります。

・低刺激性の物を選んでみる
・保湿効果、美容液効果のあるものを選んでみる
・赤ちゃんにも使える日焼け止めを試してみる

それぞれチェックしていきましょう!

方法①:低刺激性の物を選んでみる

日焼け止めの中には低刺激性と呼ばれる物が存在しています。

使用されている成分が肌に優しく、自然由来のものに近いのが特長です。

肌の調子が悪いと感じた場合は一度こういった日焼け止めに変えてみるのも一つの手です。

代表的なのはノンケミカル処方の日焼け止めです。ノンケミカルにいて詳しくはこちらのノンケミカル処方とはのページをチェックしてみてください。

方法②:保湿効果、美容液効果のあるものを選んでみる

紫外線をカットする以外に、成分の中に保湿効果、美容液成分が含まれているものもあります。

こういったものは長時間つけっぱなしにしていても肌荒れをおこしにくく、肌トラブルを起こしづらいという特徴があります。

化粧下地がわりに使っている人も多いため、一度試してみるのもいいでしょう。

方法③:赤ちゃんにも使える日焼け止めを試してみる

肌が弱い人におすすめなのが赤ちゃんも使用できるタイプの日焼け止めです。

赤ちゃんの肌は刺激に弱いため、強い成分のものは使用できません。

そのため、この日焼け止めであれば、市販のもので炎症を起こしやすい方でも安心して使うことができます。

まとめ:日焼け止めで肌荒れしたら自分に合うものを選ぼう!

日焼け止めは自分の肌に合ったものを選ぶのが鉄則です。

毎日使う物だからこそ、値段で選ぶのではなく、成分で選んでみませんか?

肌は常に一定の調子を保ってくれません。

疲れている時、寝不足の時、乾燥している時、オイリーな時など、その時々で肌の状態は変化していきます。

そんな時に使える特別な日焼け止めを一本でも持っていると、とっても便利ですよ。

あなたにあう日焼け止め、探してみませんか?

タイトルとURLをコピーしました