ノンケミカル処方とは?化学的に合成をされた紫外線吸収剤を使用していない日焼け止め!

日焼け止めのパッケージによく見る「ノンケミカル処方とは何か?」

その意味についてご紹介します。

まずノンケミカル処方の日焼け止めとは「化学的に合成をされた紫外線吸収剤を使用していない」もののことを指します。

「ノンケミカル=天然成分のみ」というイメージになりがちですが、そうではありません。

ノンケミカルという呼び方には天然成分は関係なく、紫外線の肌ダメージを防止する方法が関わってきます。

紫外線を防止する成分はどのような効果で肌を守るかによって「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の2種類に分けられ、その違いは下記の通りです。

紫外線吸収剤:紫外線を熱エネルギーなど肌に害を及ぼさないものに変化させて、紫外線から肌を守る。「ケミカル」とも呼ばれる。
紫外線散乱剤:紫外線を肌の表面で反射・散乱等の効果ではね返して肌を守る。「ノンケミカル」とも呼ばれる。

紫外線を化学的な力で変化させる紫外線吸収剤を「ケミカル」と呼ぶのに対して、紫外線散乱剤は反射・散乱という物理的な方法で肌を守るので「ノンケミカル」と呼ばれるのです。

ノンケミカル処方の日焼け止めを使うなら紫外線吸収剤の見分け方を知っておこう!

日焼け止めに紫外線吸収剤が使われているかどうかは、パッケージや容器の後ろ側に記載されている成分表示をチェックするとわかります。

「メトキシケイヒ酸エチルヘキシル」「パラアミノ安息香酸」といった成分が紫外線吸収剤です。

逆に紫外線吸収剤を使用していないものは「ノンケミカルの日焼け止め」「紫外線吸収剤フリー」といった表記がされていることも多いので、そちらの記載で判断する方法もあります。

紫外線吸収剤のメリット・デメリットを解説

紫外線吸収剤のメリットとデメリットをご案内します。

紫外線吸収剤の5つのメリット

・さらっとしたテクスチャで塗りやすい
・透明なので白浮きしにくくなじみがいい
・肌への伸びが良い
・汗や水に強く持ちがいい
・少量でも高い効果を発揮する

紫外線吸収剤を使用した日焼け止めは紫外線から肌を守る効果が高く、そして水分に強いので頻繁に塗り直しをしなくても黄河が長持ちします。

そしてさらっとしたテクスチャ塗りやすく、塗った時の重たさやきしむような感覚が気にならないのもメリットの一つ。

SPF50などの強い効果や、塗り心地を重視する方に向いています。

紫外線吸収剤の2つのメリット

・肌が敏感な人は刺激を感じやすい
・肌表面から血中に成分が取り込まれる

肌表面で化学変化を起こすので、それによって肌に刺激を感じたり肌トラブルを起こす人もいます。肌が敏感な方には少し注意が必要です。

また、肌に塗ることで血中に成分が流れ込むこともわかり、大きな悪影響は認められていませんが人によっては気になるかもしれません。

ノンケミカル処方の日焼け止めに使われる紫外線散乱剤のメリット・デメリットを解説!

紫外線散乱剤のメリットとデメリットをご案内します。

紫外線散乱剤の3つのメリット

・肌への負担が少なめ
・光による劣化が少ないので紫外線防止効果の持続性が高い
・長時間塗りっぱなしでも比較的低刺激

紫外線散乱剤は肌表面で化学変化を起こさないので、肌への負担が少なく敏感肌の方でも使いやすいのが大きなメリットです。

また、汗などで流れやすいという点はあるものの、光による紫外線防止効果の劣化が少ないのは春や秋といった涼しい時期の日焼け止めとして使いやすいポイントでしょう。

紫外線散乱剤の6つのデメリット

・粉末なので白浮きしやすい
・紫外線吸収剤に比べて伸びが悪い
・ベタつく
・塗り心地は重め
・汗や水に弱く流れやすい
・SPF50のような高い効果は持たせにくい

肌に優しい紫外線散乱剤ですが、大きなデメリットは塗り心地。

とろみがあるテクスチャで肌に乗せたときに重く、ベタつきを感じることがあります。

また、水分に弱いので汗をかきやすい夏場はこまめな塗り直しが必要になります。

プチプラのノンケミカル処方の日焼け止めはこれを使おう!TOP3をランキング

紫外線は年間通じて降り注いでいるため、季節関係なく紫外線ケアを行うことが大切。

継続的に日焼け止めを塗り続けることを考えると、比較的肌に優しいノンケミカル処方の日焼け止めがおすすめです。

紫外線散乱剤を使用した日焼け止めは塗りごこちが悪かったり、ベタつきや白浮きが気になるというデメリットをご紹介しましたが、最近ではそういった短所をフォローした商品も増えてきました。

また、「紫外線吸収剤不使用」と聞くと少し値段が高いのでは?と思われるかもしれませんが、購入しやすいプチプラ商品もたくさんあります。

価格も手に取りやすく、使い心地や肌への優しさも考えられたおすすめのノンケミカル処方の日焼け止めをご紹介します。

第1位 抜群の塗りごこちと高い効果!ニベアサン プロテクトウォーターミルクマイルドSPF50+

青缶やリップクリームでも有名なニベアのノンケミカル処方の日焼け止めです。

紫外線吸収剤不使用で肌に優しい仕様でありながらSPF50+と高い日焼け止め効果があり、夏場の強い紫外線の中でも安心。

さらりとしたミルクタイプのテクスチャーで、塗りごこちも軽くノンケミカルならではの重さも感じない快適な塗りごこちもおすすめポイントです。

メジャーなブランドなのでほとんどのドラッグストアで扱いがあり、買いやすいのも嬉しいですね。

第2位 お子様にも安心して使える!M-mark アミノ酸日焼け止め乳液

シンプルな成分だけを配合し、毎日安心して使えるM-markシリーズの日焼け止め乳液です。

とろりとした乳液状で肌に伸ばしやすく、厚塗り感やきしみも感じない軽やかな使い心地です。

特別なクレンジングをせずとも石鹸でスッキリと落とすことができるのも肌に優しいと言われる所以で、お子様の敏感な肌にも使えます。

日焼け止め効果は日常使いにぴったりなSPF20で、穏やかな使い心地ながらしっかりと紫外線から肌を守ってくれます。

第3位 乾燥肌もしっとり保湿!無印良品 日焼け止めローション

はっきりとした成分表示で安心のスキンケア用品を販売している無印良品の日焼け止めローション。

瑞々しいテクスチャーのローションで、肌にも白浮きしにくく塗ったあともベタつきません。

さらにエタノールフリーで保湿成分もプラスしているため、日焼け止めを塗った肌にありがちなパサパサとした乾燥感がなく、しっとりと仕上がります。

肌に優しい処方で化粧下地にも使えますので、毎日のフェイスUVケアにもぴったりの一品です。

ノンケミカルの日焼け止め

「肌が弱く、市販している日焼け止めでトラブルが起きてしまう」「とにかく安心・安全な成分のものを使いたい」そんな方におすすめなのが無添加工房OKADAのUVミルクです。

紫外線吸収剤を使用していないだけでなく、無添加にもこだわったノンケミカル仕様。

植物由来のエキスと、食品にも使われているレベルの安心成分のみで作られており、その安全性は赤ちゃんの肌にも使えるほどです。

伸びがよく白浮きしない快適な使い心地で化粧下地としても活躍します。

また、シリコーンや合成ポリマーが添加されていないので石鹸で簡単に落とすことができ、肌トラブルの原因の一つにもなる、日焼け止めの洗い残しの心配もありません。

こだわりの仕様のため価格はプチプラとはいきませんが、無添加工房OKADAのUVミルクはとにかく安心して使いたい方、成分や使用素材に納得して使いたい方にとって最適な日焼け止めです。

ノンケミカル処方とはのまとめ

「毎日行う紫外線ケアはできるだけ肌に優しいものを選びたい…」そんな方には紫外線吸収剤フリーのノンケミカル処方の日焼け止めがおすすめです。

化学反応に頼らずに紫外線予防ができるので、敏感肌の方にも使いやすいですね。

同じノンケミカル処方でもプチプラで手に取りやすいものから、安心の素材を厳選したこだわりの商品まで様々。

ご自分のニーズに合ったぴったりの日焼け止めで紫外線から大切なお肌を守りましょう。

タイトルとURLをコピーしました